まだ夢の途中(仮)

関ジャニ∞あれこれ

当落とかメトロックとか蜘蛛女とか

最初に書きますが蜘蛛女のネタバレはしませんのでご安心ください!

前回のジレッタ記事はさすがに早すぎたと反省しています!

 

あれ以来のあれこれを、とりとめもなく振り返る記事です。

 

ジャム、楽しみすぎますね!

まだ1ヶ月近くありますけど、楽曲だけでもわくわくしてたところへあの特典。

撮りあいメイキングの破壊力たるや…

で、この記事をダラダラ何日もかけて編集してたら、もう1曲追加されて、しかもユニットが三馬鹿+年下って発表されてしまった。うわーなんだこれ!
私の心境は

こんなん。
去年の今頃は元気が出るLIVEのDVDの内容で怨嗟の声を撒き散らしていたのがウソのようです(笑)
何より、ヒナちゃんがKING以外のユニットにも参加するのがありがたい。

でも、すばるがおととしはヒナちゃん、去年はヨコと組んだばかりだから、正直、今年は三馬鹿はありえないと思ってた。嬉しい予想ハズレですね。

 

ツアーの申し込みは、悩んだ末に大阪の金曜土曜にしていました。

今回は東京が後半で、そこまで我慢できないしなーってことで、オーラスあきらめて大阪にしてたのです。で、今まで書いたことなかった第2希望に、シャレでオーラス書いといたんですよ、当たるわけないしと思って。もう片方の第2は東京に。

そしたらなんと大阪は全滅でオーラスと東京が当たりまして。まさか1つの名義で両方第2希望とは!

慌てて福岡の手配したのですが、さすがに土曜はもう宿が難しくて、当日入りになってしまいました…大阪ですら当日入りしたことないのに!w 台風シーズンだし不安でしょがないです。

まあ、せっかくなんでゆっくり福岡観光してくるつもりです。1人だけどな。

 

メトロックは…今の関ジャニ∞なら問題なかろうと、何の心配もしていませんでした。

数年前なら超心配してたでしょうけど、関ジャムで確実にうまくなってきたのわかるし、 フェスの参加者だって鬼じゃあるまいし、受け入れられないはずがないと。

今後もこういうことはきっと何度もある、でも彼らはもう大丈夫。

だからみんな、フェス当日にTwitterで公式タグを埋め尽くしちゃうのはもうやめよう?w 他のバンドのファンの方はナニゴトかと思ったろうな…(笑) 当日じゃなきゃ別にいいと思うけどね。

 

ジレッタの記事でも書きましたが、蜘蛛女も取ってなかったんですけど、運良く当日券を勝ち取ったので初日に行ってきました。

グローブ座の当日券かけ続けて5年になりますけど、初日に取れたのは初めて。かなりの枚数あったみたい。少なくともイフオアであんな番号(50番以上あった)は見たことありません。
蜘蛛女に関しては、当日券はマジで見えにくいことは覚悟して申し込まないとだめかも。グローブ座はああいう芝居だと、天井や横はセリフも聴こえにくいです。私は2F最前端でしたが、結構見えない・聞こえないシーンありました。でもS席料金ていう。

内容については冒頭に述べたとおり、ほいほい書いていいもんでもなさそうなので、全公演終了後にあらためて。すでに下書きにはしてありますが、自分の感想のあまりの長さと重苦しさにどうしたもんかなって思っています…

 

んでもって俺節も以下同文なのですが、お声かけていただいて入ることになりまして。
赤坂なんてラーメン食べる以外の目的で行くの何年振りだろ…w
(担々麺で有名な店があるのです)

結局1枚も取ってなかったのに3つとも見に行くっていう。幸運に感謝しつつ行ってまいりますよー。

上を下へのジレッタ

まずは…1日遅れですが、たっちょん32歳の誕生日おめでとう。
去年のアレもあったし舞台もあるしで、ダイエットの日々が続いているのかもしれませんが、やっぱり私は君が食べて笑っているのを見たいです。体調(と体型)に問題が出ない程度に、たくさん食べてたくさん笑ってね。

 

前置き終わり
というわけで、横山裕主演、「上を下へのジレッタ」5月10日昼の部を、立ち見で見て来ました。
原作を読んでからレポ書こうと思っていたらすっかり遅くなってしまいました…
前半は会場のレポ。後半からネタバレあります。

 

 

FC枠があっても、メンバーの舞台を申し込んだことはありません。
イフオアがいつかFC枠できたときのために、運はとっておこうと思って(笑)
まぁ、毎年結局枠はなくて肩透かしなんで全然意味ないのですが!
そんなわけでイフオア以外は誰の舞台も見たことがなかったのですが、ジレッタの立ち見予約開始日にたまたま時間があいてて取れたので、行ってまいりました。

事前に立ち見の見え方とか調べてたら、立ち見は20分前集合とかいろいろ出てきたんですが(ジュリエット通りの時の注意事項のページがひっかかった)、普通に入って券に書いてある場所に行けばOKでした。横は超狭いのですが前後は余裕もあるし前に手すりもあるので、思ったよりは快適。イフオアでも当日券だとめっちゃ狭いとこにパイプ椅子で閉じ込められて足も伸ばせないとか何度もあったからな…
肝心の見え方ですが、私が取った中2階後半は何の問題もなく、無理に乗り出さなくても舞台すべて見渡せました。むしろグローブ座のA席より見えやすいくらい。2階だと角度的に多分左右端が見切れるかな。ジレッタはメインの演者さんが左右にひっこむことがほぼないので、見えないとかはあんまり気にしなくていいかも? 何より、立ち見は値段が安い。1回飲み会我慢すれば余裕でお釣りくる値段ですしね。
たとえ見えないところがあったとしても、ヨコの歌やセリフを聴くだけでも、そしてあの熱量を感じるだけでも、立ち見席の価値はあると思います。そろそろ完売の気配だそうなんで、迷っている方はぜひ。

 

さて、ここからストーリーに触れます。
原作にも触れますので、ネタバレがお嫌いな方はご注意くださいませ。敬称略。

 

あらすじをざっと読んで、これ舞台だとどうなるんだろうと思いながら見始めました。
あ、ヨコが歌って踊ってる…と思ったのは最初のレビュー部分だけ。そこからはずっと門前市郎でした。素が一瞬だけ見えたのが…どこだっけな、正確には覚えてないんですけど、ほんの一瞬照れ笑いして目を逸らして、そこだけはこうなんていうか、我々が知っている普段のヨコで。でもその一瞬以外はもう、「ヨコが演じている」ことも忘れていました。舞台の上にいるのは門前。

主役はもちろん門前なのですが、他の役者さんたちが豪華で、1人1人出てくるたびに空気が変わる。しょこたんが歌うまいのは知ってたけど、生で聴くのは想像以上でした。あとやっぱね、竹中直人はずるい(笑)。1階客席の横の扉からアンサンブル従えてばーんて出てくるんですが、もうそこがまるっきり竹中ワールドになっちゃって。

この中で1か月半…。ヨコ、大変だ。この時点でもまだまだあと1か月。

 

原作を先に読むか後に読むか迷って、結局時間なくて見た後で読んだんですけど、ジレッタに関してはこれで正解だったと思います。
音彦の妄想の世界の異常度が、当たり前だけど全然違う。漫画だと表現に制限がありませんから(時代もあってなんでも描き放題だったし)、まるっきり筋の通らない異様な世界が繰り広げられます。舞台だとこのへんは見てても理解できる範疇におさめられてる。ここは先に原作読んじゃってたら物足りないと思ったかもしれない。

それ以外での原作との差異はざっと書くとこんな感じです。

・舞台でのみなんとかプロの社長が最初から明示的に敵役として描かれる
・パビリオンの設定が漫画では万博
・漫画では首相が男性
・リエの再婚相手が舞台には登場しない

400ページにも及ぶ漫画で、近年のものとは違って1ページあたりの情報量も場面転換もめちゃくちゃ多いのに、よくぞ3時間で大してカットせず詰め込めたなぁと。
妄想と同様に、表現方法が違うために若干変わっているところとかはもちろんたくさんあるんですけど、エピソードがばっさりなくなってるのはリエの再婚相手の話だけじゃないかな。あとはあんまりカットされてないです。
むしろ、原作よりももっと踏み込んだ表現になっている個所もあります。リエと門前の心情とかラストシーンとか。

派手な演出が多いんですけど、門前とリエのシーンは動きがあまりなくて静かで、ここがたびたび挿し込まれることが全体を締めていたように思います。門前の表情もここだけは、クールで強引な男じゃなくて、ちょっと情けない切ない感じになるのがいい。

あとはやはりラストシーンですね、妄想に飲み込まれる門前。絶叫とともに浸食されていって消えてしまうあのシーン、あれ原作にはないんです。ほんとに月と地球がぶつかって、それでおしまい。舞台だと、門前が今までやってきたこと、利用し利用された人たち、様々なシーンがあって、こうして門前が飲み込まれることも因果応報、必然なんだなと思わされました。

脚本もすごいのですが、このラストはヨコの演技によるところがとても大きいと思いました。それまでクールな門前だったのがここで一気にぐわっとくる。門前の絶叫が、観客の感情もどんどん道連れにしていく。見ていた自分もジレッタに取り込まれてしまうような、背筋に何かが駆け上ってくるような。恐怖と絶望で終わるんで後味の悪さ200%で、はっと現実に戻ったとき、ああ舞台だった、ここが現実だった、よかった…と思いました。そしてカーテンコールで笑顔のヨコを見て、やっと、おもしろかった!って思える。
いやはや、すごい舞台でした。

 

冒頭でも書いたとおり、イフオア以外ほとんどメンバーの舞台には行っていなかったのですが、ジレッタは本当に見に行ってよかったです。

俺節」や「蜘蛛女のキス」も申し込んでいないのですが、機会があったら行ってみようかな?当日券とか出るのかな、グローブ座は出そうなもんだけどどうなんだろう…

というわけで、つたないレポでした!

関ジャニ's エイターテインメントDVD/BD感想

まずは、ヨコ、36歳のお誕生日おめでとう。

こういうことをうまく言葉にするのは苦手だし、今後もきっと表現できないままでしょうけど、あなたがこの世に生まれて関ジャニ∞というグループに入ってくれたこと、そしてそこでいろんな企画でメンバーもeighterも楽しませてくれていること、本当に感謝しています。
これからもわれわれのせくしーなぴーたーぱんでいてください。

 

つたない口上はさておき
ついにDVDフラゲ日となりました。幸いなことに朝8時半に届けていただきまして、その後休憩しつつ、BDとDVD全部見終わりました。(あ、DVDの本編は見てないです)
なんだかんだで10時間。いやはや…しかし密度の濃い10時間でしたよ!

フラゲ日当日なのでいくらなんでも詳細書くのは早いだろうってことで、大体の感想だけざざっと書いておきます。後日気が向いたら詳細も書くかも?
ただ、まるっきりネタバレしていないとは言い切れないので、絶対ネタバレいやっていう人はご注意くださいませ。
これから見る方が何を優先するかの手助けにでもなれば。

…どのみち、感想書くのはうまくないし萌え語りするほうでもないので、何の参考になるんだ?とも思うけど、私自身が人様の感想読むの好きなので、まぁこんな僻地でもどなたかが読んでくれたらなと思うわけであります。

以下、私が見た順番です。

 

本編(BD版)

今回のツアーはアルバムなしということで、事前に内容が想像しにくかったんですが、私個人的にはとてもいい構成だったと思っていて、実際には東京2日目とオーラスに入ったんですけど、もっと入ればよかったと思ったくらいでした。

映像はさすがにMCは一部ばっさりカットだったのですが(どこだかわかりますよね)、大体の部分は、ここ映像に入ったらいいのになと思ったシーンがちゃんと写っていました。前向きでしゃかりきに踊るヤスとか。カメラ目線のすばるとか。
特に、「The Light」と「ハダカ」、アコースティックコーナーはカメラ割りもとてもよかった。「I to U」が大好きなのもありますが、多分これ書き終わったらアコースティックのリピートしにいくと思います。それくらいよかった。山田とヨコすばのファンの方が羨ましい。

ソースまで見てる物好きな方。ここからめっちゃ毒吐くんでご注意をw KING部分がほんっとうにひどい。編集した人はマジで許さん。前回DVDでさんざん言われた「ファンをアップで映すな」てのは「減らせ」じゃないんですよ。「なくせ」なんですよ?0.1秒たりともいらない。しかもなんでソロ曲の最中に映すかね。飛ばせないから本当にイヤ。開始前とアンコールに限ってほしい。

ま、相変わらず落ち着かなさ過ぎるカメラワークはひどいし、全体図映しすぎなのはもう仕方ないのかな。ライブの内容がよすぎるので、今回の映像は何度も何度も見ることになると思います。

 

メイキング(含ふわふわポムポム)

えーと…短!と思いました…
それぞれの会場の裏側とかはばっちりなんですが、ツアー開始前のリハ風景があんまりないのがなあ。雑誌だかなんだかで、「Black of Night」のガラス割る振りでパリーンて言うのが流行ってるとか読んだので、そこは入ってるだろうと思ったんですけど、まさかのダンスリハ皆無。無念。

ヒナちゃんのKINGのリハは音声もちゃんと入ってて、ここまで自分で参加してるんだ!とちょっと感動しました。夜ふかしとかでも、何もしてないって力説していたから、歌って踊ってるだけなんだと思っていましたよ…ごめんねヒナちゃん。

会場ごとに一応区切りつつ、ユニットリハとかを組み込んでいく感じでした。わかりやすい。

そしてふわポムはメイキングの名古屋部分に組み込まれています。普通にメイキング見てたらそのまんま1曲流れてびっくりした。すごいカオスだったのね…(笑) 初めてCDで聴いた時と同様になんか変なキモチになった(笑)
「いーまーのーさんぶーよんぶはー」でヒナちゃんをもうちょっと映してくれてもよかったのよ。

 

アナザーCM集

あんまり真面目にCM捕獲したりしないので、ほぼ初見だったんですけど、あれ一般の人すばるって気がつく?www
ハマりすぎでしょ!

 

MCダイジェスト

初日北海道だけ、最初の挨拶も入っています。本編(=オーラス)だと、どっくんやたっちょんがバンドの人と遊んだり、マルが空前絶後のーとかやったりしてるので、その落差がすごい。当たり前だけど初日のは普通です、というか私も東京では普通に見たのでオーラスでびっくりしましたけども。

全公演分入れてくれたらよかったのに、北海道しか入ってなかったw

 

アコースティックコーナー映像

8UPPERSの映像は見たのですけども、実はアルバム自体を聴いていなくて、でも映像で1回聴いただけなのにはっきり覚えていた「Baby baby」をじっくり聴けてよかったです。

本編でもそうでしたが、このコーナー、演奏している手元をかなり頻繁に映してくれてて、それはライブ中は見られないところなのでありがたい。カメラもあんまりがちゃがちゃしてないし見やすい。

毎度こういうアレンジ版を聴いてて思うんですけど、こういうの、CDとして普通に出してくれないかなあ。映像もいいけど音源が欲しい…。「言ったじゃないスカ」含めて6曲みんなすばらしい。

 

コンサートビジョン映像

福岡のヒナちゃんバージョンが!とても!かっこよかった!

しかしまぁ編集の都合で音声がかぶっちゃってるからしょうがないとはいえ、毎回Tokyoholicイントロが入ってるのはちょっと笑った。

 

ビジュアルコメンタリー

これがね…あの人たちカメラあること忘れてる(笑) 気持ちはわかるよ、何度見たってやっぱり好きな曲とか聴き入っちゃうしさ、なんか作業してても手が止まるのしょっちゅうだし。それにしてもだ、本人たちも言ってたけど序盤は本当に「もぐもぐエイトを黙って眺める映像」になってて、音もすごい小さいし誰もしゃべらないし、シュールすぎて逆にそれがおもしろかった。ほぼマルとたっちょんしかしゃべってない(笑)

エイトレンジャーあたりからみんなちゃんとしゃべるようになってきて、初出の情報とか裏話なんかも聞けて、コメンタリーらしくなってきます。マズいこと言っちゃったり休憩したりしてる時に本編映像をメインで出してるんでしょうけど、「ここにコメントしてほしいのに!」っていうところが本編になっちゃったりもしてます。多分、普通に真面目に見ちゃっていろんなこと言っちゃったんだろうな…w

コレは本当に、彼らと同様に、食べ物とか飲み物とか用意してだらっと見るのがおすすめです。

 

てなわけで、駆け足ですが感想でした!

あっ、DVDリピートするまえにおっとっとをチェックしにいかないと!

雑談

ひとつの記事にするほどでもないあれこれを書き殴る。

 

先週の関ジャニ∞クロニクル、すごかったですね…いろんな意味で。
予告で山崎さんとハグしてるだけでも爆弾だなぁと思ったのに、まさかあんな展開とは!

すばるの激怒が見られたのもよかった。パッチとエイトレンジャーしかちゃんと見たことないんですがすばるの演技ってひそかにすごいなと思っています。狂気の科学者とかやってみてほしいなぁ。

ヒナちゃんを襲ったあたりに関してはもう、笑いすぎて本当にカロリー高いなと…あれ昼間に放送していいの?いやダメでしょもう!まったく、クロニクルのスタッフ本当にどうもありがとう!!(やけ

 

日曜に、ジレッタの立ち見券予約にチャレンジしまして、希望が平日だったこともあってあっさり確保できました。
イフオアのイメージでオペレーター対応だと思い込んでたら違ってて、慌ててタブレットで正確な日付調べました…あぶな。

ジレッタも俺節も蜘蛛女も、FC枠や一般は申し込んでないので…俺節はシャロやんも大好きなのでかなり迷ったんですが、ヤスのファンが優先されたほうがよかろうかと。当日券とか出るのかな、出るなら挑戦するかも。

立ちっぱなしはかなり久しぶりなので若干不安ではありますが、楽しみ!

 

昨日の80年代の記事、よくよく考えたらめっちゃ世代がバレる内容だったなと…
一応言い訳すると、実際にはバブル期真っ最中世代よりはだいぶ下です。90年代以降、学業と仕事でほぼテレビ見られない生活をずっとしてたので、そこらへんがまったくわからない。せいぜい友達に誘われて行ったglobeとか聴いたくらい。なので、古くて印象が強いとなると、幼少期に聴いたものが中心になってしまいました。懐メロ特集や夜ヒットとかで古い曲が年中テレビで流れてましたので、60年代や70年代の曲も知っているわけです。

まぁ、メンバーよりは上です、それは認めます…

 

仕事などの都合で、リアルタイムでテレビ見ることがほとんどありません。
このブログと同時に作ったTwitterのアカウントはそもそもまだ人をフォローしていないのでアレなんですが、放送中とかにつぶやくの本当は楽しいよね…

 

 

ビジュアルコメンタリーの映像見て、即座にBDも予約してしまったのですが、エイタメDVDまであと3週間もあるのかと思うと気が遠くなりそうです。
いったい何時間収録されてるんだろうと考えると、そちらでも気が遠くなりそうですが…とりあえず本編とコメンタリーで6時間は確定だろうし。

その前に、夏のツアーの申し込みもありますね~。札幌は…なんで3連休にぶつけたかね?宿の値段がありえなさすぎる。JUKE BOX は東京が初日でよかったよなあ…。
東京まで待てないので大阪に申し込もうかなーと思ってます。

 

とりとめもないままおわる。

関ジャニ∞メンバーに歌ってほしい80年代歌謡曲

ふらふらとさまよっていた時に見つけたこちらの記事。

 

dropblue0212.hatenablog.com

 

が、なんとなく思い浮かんだ曲がことごとく古すぎまして…しかも全員分考えてたし。
いくらなんでも、これを人様の企画に投票したところでランクインもへったくれもないわ、と思って何もしていなかったのですが、よくよく考えてみたら、「歌」でカバーしたキャロルなんて70年代だし、書いてみてもいいのかなと思い始めました。

そしたらすでに同じような記事を90年代に絞って書いてらっしゃる方もいて。

 

toritoma425.hatenablog.com

 

(お二人とも勝手に引用してしまってすみません)
こりゃもうとりあえず書いてしまおうと。
まぁダラダラ書いてたら締め切り間際になっちゃったわけなのですが…

 

というわけで、こちらではさらに前、80年代~90年代初頭、バブル期以前に絞って書いてみたいと思います。
J-POPという言葉もまだなかった時代*1です。日本語の曲はみんな歌謡曲*2
…誰得なのこれ?w
長くなりそうなのでたたみます。

*1:J-POPという言葉自体は1988年に誕生。しかし定着までにはその後数年を要した。

*2:ニューミュージックというくくりもあるにはあった。今のJ-POPよりもうちょっと狭義。

続きを読む

謎の白い竜

音楽活動中心とかいっといていきなり声優仕事の感想を書くっていう。
まぁ、滅多にないことですし!

 

 というわけで、モンスターハンターストーリーズ RIDE ON 27話を見ました。
見逃した、録画できなかった方、次回放送までなら無料で配信されてるのでどうぞ。
なお、この下はネタバレも含まれますので、未見の方はご注意ください。

fod.fujitv.co.jp

声優に挑戦といっても、イベントで決まったことですし、セリフ2~3行しゃべって終わりっていう感じだと思ってたんですよ。
ところが、始まってみたら、扱いはもろにメインゲスト。最初から最後までほとんど出てしゃべっていました。
専用のキャラがっちりデザインしてもらってて、服が紫とか、八重歯とか、よく見るとエイトマーク描いてあったりして、制作側も結構力入れてくれたんだなーと。
まぁ、小学生が対象のアニメで35歳って言ったらおじさんなので仕方ないといえば仕方ないのですが、できれば「壮年」くらいのキャラにしといてほしかったw それはまぁぜいたくというものですかね。

役柄は各所でも紹介されているとおり、主人公の知人の師匠で、伝説のライダー(ハンターだったかな)の末裔で、ちょっとお金に執着するタイプのおじさん、ネダン。
声優じゃない人がアニメに出ると結構違和感あるものなのですが、キャラクターがそもそもヒナちゃんのためだけに作られていること、セリフがほとんど関西弁であることもあって、かなり自然な演技でした。(ひいき目はある、それは認めます)
モンハンまったくやったことがない人だとわからないであろうネタが結構あちこちに仕込んであってニヤニヤしながら見てました(一応元プレイヤーですがVitaと3DSになってからやっていない)が、いちばん笑ったのが「狩猟笛は時間がかかるんじゃ~」っていうところ。私自身笛使いだったので、下手すぎて操作中によく攻撃されてたのでわかるーと思いながら見ていました。あ、でも実際はあそこまでは時間かかんないですよ、確かに吹いてる最中に敵が死んでることはありましたけど。
(しかしあの笛ちょっと小さくない?ネダンもリュートも小さいってこと考えるとスケール的にどうなんだろう…)

結局ネダンの情報はガセだったわけですが、調子のいいこと言われて詐欺働かれたけど、実はあのおっさんめちゃくちゃ強いんじゃ…?と、最後に花持たせてもらって終わりでした。ぜひ、残りの5000zを返済しにまた出てきていただきたいです。

 

声の仕事なんてそうそう来るものじゃないですし、思いの他出番も多くて扱いもよくて、とても楽しかったです。

未見の方はぜひ!見てみてください。

ひとで

というわけでどうせPC立ち上げたしと森永のサイト行ってきたんですけども、途中で

 

日本語じゃねーか!

 

と1人で声に出して笑ってしまいました。

おっとっと噛んでピースするKINGかわいすぎ。

とりあえず森永はKINGのかっこしてるおっとっとのくじら?のグッズを出してください。買います。

 

CDなりなんなりが5/9ということは、ライブのDVDの前日に何かあるということですか。
何かエイトの音源が出てカップリングとかに入るのかな。

 

KINGに関しては賛否両論あるようですが、私としては、エイトに武器が増えるのならなんでも来いだと思っています。
エイトでラップというか、リズムにあわせてしゃべる系のモノがいちばんうまいのはマルだと思ってるんですけど、久保田利伸が言っているのがお世辞ではないのなら、ヒナちゃんも本当に才能あるかもしれないし。

 

ただまあ、だからといって普通のユニット曲やソロがなくなっちゃうのは勘弁だなあと。
元気が出るツアーの渇いた花のように、KINGだけじゃなくて他のユニットもやってほしい。できれば、誰かと2人のが見てみたいです。
最初の記事でも書いたとおり、ExEから参加なので、私が見たことがある2人でのユニットって、十祭のtornと渇いた花しかないのです。どっくんとやったことってあるっけ?ないよね。そういうのが見たい。
…ま、残念ながらジャムでは2人ユニットはどう考えてもなさそうですけど。

3-4振り分けでどちらかに入っていると信じたい…

 

あとは、誰もが危惧してるでしょうけど、夜ふかしで変ないじられかたしませんように…
スポンサーがついたからいじりづらくなるかな(笑)